1997年の夏、30代半ばで10年近く勤務した石油会社を退職。その年に京都で開催されたCOP3(気候変動枠組条約第3回締約国会議)への参加を皮切りに、国内や世界各地で「農と自然の調和した暮らし」の現場を訪ね歩いた後、埼玉県の小川町に居を定めました。以来、森林資源や自然エネルギーの活用をテーマとする仕事に取り組みつつ、2003年に一緒になった妻とともに小規模な有機農業を実践しています。
 これまで農業は「ほほえみ農園」の屋号で活動してきましたが、もう一方の柱である森林(山)活用の仕事との相乗効果を高め、各地での「農と自然の調和した」地域づくりにより本格的に関わらせていただきたいとの思いから、この度、「山笑園(さんしょうえん)」という屋号に統一しました。よろしくお願い致します。  【代表:阿部 紀人(あべ のりひと)】